社員インタビュー

今後、現場で働く女性のためのスタンダードになっていきたい。 今後、現場で働く女性のためのスタンダードになっていきたい。

会社は今、まさに女性現場監督の
受け入れ態勢を作ろうとしている。

2014年に大学院卒で入社して以来、現場で施工管理の仕事をしています。学生時代は建築学科。照明や音響などの建築環境と心理の関係について学んでいましたが、環境系コースの一環で空調設備や衛生設備についての講義があり、それが面白くて、設備系の会社に興味を持つようになりました。建築デザインなどと違い、設備では計算で必ず答えを得られます。それが理系的なモノの考え方をする自分に合っている気がして「設備工事の現場に出て、指示ができるようになりたい」という思いで就職活動を始めました。

ところが多くの企業は、話を聞くと「女性の現場監督が"いたこと"はある。今は辞めてしまったけれど…」「以前いたけれど子供ができて辞め、復帰の予定はない…」という感じで、まだ女性の現場責任者はほとんどいない印象でした。その点、中設エンジの方にお話を聞いてみると、女性現場管理者を頻繁に採用しており、今現在、まさに女性現場監督の受け入れ態勢を作っていこうと取り組んでいることがよくわかりました。また会社の雰囲気も自由。話をお聞きした方が会社のいい面だけでなく、よくない面や課題なども含め、包み隠さず語って下さりました。その方の話を聞き「この会社は自分のやりたいことをさせてくれるのではないか」と思った。それが入社のきっかけです。

こちらが一所懸命やれば、
職人さんもやってくれる。

入社してみると、就職活動で感じた通りの雰囲気でした。現場ではあれをしろこれをしろという指示は少なく、上司の方は「ここはどうしたらいいでしょうか?」と質問した時にはしっかりと答えてくれます。そして工事における大事なポイントでは、上司が確認した上で、詳しくレクチャーして下さります。私の意見を生かしてもらえる自由な雰囲気でありつつ、コミュニケーションを取り合いながら引き締める部分は引き締める。そんなイメージです。現場はみんなで作り上げるもの。こちらが一所懸命やっていれば、職人さんもしっかりとやって下さります。私はとにかく、風通しのいい雰囲気を作ることを心がけています。

あまりにも女性として扱われすぎるのも、考えもの。

とはいえ、失敗も何度もしました。改修現場で再設置する予定だった設備機器を、誤って廃棄してしまったことがありました。特に改修現場は、使用するものと使用できないものの判別が難しいものです。他の廃棄物の横に置いてあった機器を壊れたものと勘違いし、確認せずに捨ててしまったのです。この時は、朝礼などの全員がいる場で今の状況を何度も言葉で報告・連絡・相談することの重要性を強く感じました。そして廃棄すべき機器を見てすぐに判別できるように区画をするなど、改善を行いました。

現場では、整理整頓や清掃が非常に大事です。あれは2カ所目の現場でのことでした。毎日の清掃は業者の方々に行っていただく他、週に一度、一斉清掃の日を設けていたのですが、それでも場所によっては足らないこともあります。現場の清掃が甘いことは事故につながりますので、日々とにかく清潔に保つことを徹底していきました。すると、徐々に職人さん達が自分の作業場所以外も掃除して下さるように。清掃の徹底で現場の一体感が高まりましたし、いい仕事をするためにはいい雰囲気を作ることが大事だと痛感しました。

この仕事の面白さは、現場管理に尽きます。工程をしっかり組んで、例えば材料をどんなタイミングでどこに搬入するかなどを、自分で決めていく。それがきちんとできなければ職人さんに怒られますし、スムーズにコントロールできたらとても楽しい。自分次第ですべてが変わりますので、そこに大きなやりがいを感じます。

実は、あまりに女性として扱われすぎるのも考えものです。人間は指示を受け、時には怒られたりしながら成長します。それなのに、女性だからといって気を使われて、本来自分の仕事なのにそれをやっていただくようなことがあってはいけない。でもその反面、やはり女性ですから、例えば力仕事など、男性とまったく同じに扱われるのは難しい面も。線引きが非常に難しいのです。今後、私が中設エンジの現場で働く女性のスタンダードになっていかなくては、と思っています。

TIME SCHEDULE TIME SCHEDULE
  • 7:30 出勤。朝礼準備 7:30 出勤。朝礼準備
  • 8:00 朝礼。新規入場者教育。作業内容指示 8:00 朝礼。新規入場者教育。作業内容指示
  • 9:00 現場巡回、工程の写真撮影、施工図の直しなど 9:00 現場巡回、工程の写真撮影、施工図の直しなど
  • 12:00 昼食・休憩 12:00 昼食・休憩
  • 13:00 昼礼。翌日の業務内容を伝達。禁止事項などの確認。 13:00 昼礼。翌日の業務内容を伝達。禁止事項などの確認。
  • 14:00 現場巡回、工程の写真撮影、施工図の直しなど 14:00 現場巡回、工程の写真撮影、施工図の直しなど
  • 17:00 作業終了確認 17:00 作業終了確認
  • 18:00 事務 18:00 事務
  • 19:00 帰宅 19:00 帰宅