CSR

中設エンジ株式会社
代表取締役社長 松本 吉晴

基本方針

中設エンジ株式会社は、変化する社会・環境を敏感に捉え、ユーザーズエンジニアリングによりお客様の想いをカタチにしたベストファシリティを提供し、社会に貢献することを使命とする。

行動指針

品質・環境マネジメントシステムをツールとして事業活動を継続的に改善し、以下の活動を行う。

  1. コミュニケーションを大切にし、すべてのステークホルダーとの良好な関係を築く。
  2. 省エネ・省資源に関する技術力、提案力の向上を図り、環境に配慮したサービスを提供する。
  3. 建設施工における環境負荷の低減を図る。
  4. いかなるときもコンプライアンスを念頭に行動する。
  5. 社内教育を通じて品質、環境意識の向上を図る。
  6. 品質・環境方針は社内外に広く開示する。

品質・環境マネジメントシステム

マネジメントロゴ
ISO9001、ISO14001取得済み

取り組み事例

WFP国連世界食糧計画への支援

  • 当社は、飢餓と貧困の撲滅を使命に活動するWFP 国連世界食糧計画(※)の公式支援窓口である
  • 認定NPO法人国連WFP協会の評議員となっています。

  • 世界では7億近い人々が十分な食料を得ることができずに飢餓に苦しんでいます。
  • WFPは飢餓のない世界を創るために、自然災害、紛争などで緊急の食糧支援を行う活動と並んで
  • 次世代を担う子どもたちの健やかな発育と発達を支えるために「母子栄養支援」「学校給食支援」、
  • そして自立した社会、経済の基となる「自立支援」など食糧をテコとしてさまざまな支援活動を行っています。

  • こうした活動は国連の定めるSDGsの課題である「飢餓をゼロに②」ばかりでなく「質の高い教育をみんなに④」
  • 「ジェンダー平等⑤」「働きがいも経済成長も⑧」など多くの課題にも取り組むことになります。
  • ベストファシリティの提供を企業理念に掲げ、食品業界に携わる当社は、社会貢献を進めることにつながる活動として
  • WFPを支援しています。

  • 社員、お客様、関係会社のすべてのみなさまと共に、世界が平和であり、豊かな社会を創出することに取組んでおります。

  • ※WFP国連世界食糧計画は2020年ノーベル平和賞を受賞しました。
  • WFP国連世界食糧計画への支援