中央設備エンジニアリング 伊藤忠グループ/名鉄グループ

兼升養魚漁業生産組合様 豊川加工場

概要

完成年月 2014年9月
用途 養魚出荷加工場(鮎)
所在地 愛知県豊川市
延床面積 1,406.75m2
構造 鉄骨造 地上2階建
業務範囲 施工一式

創業45年を迎える兼升養魚漁業生産組合様は、2013年に鮎の養殖出荷で日本一となった。
今回の加工センター新築により、さらなる増産と業界初の6次産業化を目指す。

アピールポイント

  • ・ HACCPに準拠した設備となっており、入荷から出荷までのワンウェイ化を実現
  • ・ 地下水を利用した鮎の蓄養池を全10面完備
  • ・ 養殖、加工、出荷様々な用途にて必要な温度管理等、生産環境に配慮した加工場を実現